講義・ゼミ・研究会

ゼミ
【論文指導ゼミ】
頻度:夏学期(S1/2)・冬学期(W1/2)は月2回程度での開催、夏休み・春休みは合宿・集中ゼミを行います。
内容:報告者を毎回2-3名指定し論文計画・構想の発表と参加者での討議をします。
参加資格:基本的には東京大学大学院学際情報学府の所属者としますが、当研究室で学ぶ目的・意欲が明確な場合には、それ以外の研究科・学部、学外からも受け入れますので参加希望の場合はご連絡ください。

【文献講読ゼミ】
頻度:月1回程度開催しています。
内容:報告者を指定し毎回1-2冊の文献を読みます。とりあげる文献は、参加者と相談の上で決めます。2021年度は『ヤバい経済学』『ハマータウンの野郎ども』『創価学会の研究』『NHK問題』『チョンキンマンションのボスは知っている』『サラ金の歴史』『日本の路地を旅する』『大阪―大都市は国家を超えるか』『ロシア点描』『エビデンスの社会学: 証言の消滅と真理の現在』といった文献を読んできました。
次回の文献・開催日時についてはお問い合わせ下さい
参加資格:「必ず指定文献を読んでくること」だけ。学内外問わず参加できます。参加希望の場合は開催予定を一斉連絡するリストに加えますので、【文献講読ゼミ参加希望】とタイトルに記入し、フォームよりご連絡ください。

講義
【現在開講中の講義】詳細は学内システム(ITC-LMS等)をご確認ください。
◯東京大学大学院 社会情報学基礎Ⅱ(2022年度夏)
◯同 リスクコミュニケーション【福島学概論】(2021年度度冬~現在)
◯同 原子力災害論(2021年度通年実習~現在)
◯同 学際情報学概論、研究倫理(不定期)
◯関西学院大学 PBL特別演習008【福島で学ぶ復興と原発問題】(2021年度夏実習)

【過去に開講した講義】
京都女子大学 特講Ⅱ「福島の災害復興に学ぶ 」(2018年春学期金曜2限)
早稲田大学文化構想学部 近・現代ジャーナリズム論2(2014年秋学期火曜4時限)

研究会
【準備中】